読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自分のちっぽけな能力を頑張って伸ばしていくブログ

備忘録の様なものです。 文章書くのが下手なので、読むときは覚悟してください。 起業家に必須な5つのスキル 思考力 思考力 - 成長思考 コミュニケーション コミュニケーション - 成長思考 リーンスタートアップ リーンスタートアップ - 成長思考 マーケテ…

【じげん】平尾 丈|今、大学生は何をするべきか

大学の「ベンチャーファイナンス」という授業で、株式会社じげんの平尾丈さんが来て講義をしてくれたので、ポイントをまとめておく。 株式会社じげん || ZIGExN Co., Ltd. 今、大学生は何をするべきか 大学生のうちにするべきコトは3つある。(本当は30コぐ…

mercari day |いかにして、世界で使われるサービスを作るか

Mercari DAY 2017 @AcademyHills | 2017.01.20 今日はメルカリデーでした。 忘れないように、ポイントをピックアップしておきます。 覚えておきたいポイントだけピックアップ ・ユーザーにさせたい行動をしてもらえるように、”わかりやすく”する事・無駄な会…

人とは違う道を生きる|高倉 豊

http://takakurayutaka.com/イヴ・サンローラン、ウブロなどの一流企業の代表取締役を歴任されてきた 高倉さんの授業を受ける機会があったので、覚えておきたいポイントだけ書いておく。 「これだけは覚えておいて欲しいことがある。」と高倉さんは言った。 …

上司からYESを引き出すメール術

非同期コミュニケーションツールである「メール」。 現代では、日常的に使うものになりました。そこには便利な面もありますが、不便な面も同時にあります。 それは ・ちょっとした言葉遣いで人間関係に影響される ・言葉に裏にある相手の反応が直接見れない …

脳科学的な「幸せ」のつかみ方

質問です。 今のあなたの生活に、幸せを感じる瞬間がありますか? 無いと答えたあなたはとても危険です。 脳には「幸せになたい!」という欲求が備わっています。幸せを感じていない人の脳は、眠ったようにボーッとしてしまうのです。幸福な人は、 3倍クリ…

ビジネスモデル

マネジメント

リーンスタートアップ

課題の発見 ・ニーズとウォンツ ・市場の非効率 ・定量調査/定性調査 ・私たちはどうして課題仮説インタビューを止めたのか | "Lean Startup Japan" ・他分野のビジネスモデル ・歴史からのアナロジー ・成功企業の着眼点 ・既存の代替品 ・痛みの度合い ・…

ファイナンス

スタートアップ初期には無知な事が多いファイナンスの知識。 その知識不足が、後々おおきく足を引っ張るという事例は後をたたない。 先人達の失敗から学び、正しい資本政策を立て、賢く生きていく必要があるだろう。・ファイナンス思考 ・利益、売上 ・収支…

マーケティング

・マーケティングとは

コミュニケーション

ビジネスは結局の所、人と人との関わりである。 その関わりの媒介となるのが「言葉」。すなわちコミュニケーションである。一番大切な「人について学ぶ」ということを学校ではしなかったであろう。 だからこそ、人間の心理やコミュニケーションについてしっ…

思考力

思考の深さ 思考の早さ AI時代の人間的思考 www.lifehacker.jp

君たちはどう生きるか

原体験から考える いつでも自分が本当に感じたことや、真実心を動かされたことから出発して、その意味を考えていく事が肝心だ。 何かしみじみと感じたり、心の底から思ったことを、少しも誤魔化してはいけない。あるとき、ある場所で、君が感動を得た、たっ…

「行動デザイン」の教科書 |どのように”行動”を起こさせるハードルを乗り越えるか?

行動へ移すハードル マーケティングを一回でもやったことがある人は分かると思いますが、「生活者は自分が思うほど動きません」よね。 行動に至るハードルというのはとても高いのです。 AIDMAモデルの落とし穴 みなさんおなじみのAIDMAモデル。 AIDMAモデル…

生き方 人間として一番大切なこと

よりよい人生を生きるための方程式 「能力」とは、知能や運動神経、あるいは健康などがこれにあたり、両親あるいは天から与えられた先天的なものです。 「熱意」とは、事をなそうとする情熱や努力のことで、自分の意思でコントロールできる後天的なものです…

「行動デザイン」の教科書 | 本当の競合は誰なのか...?

現代はモノで溢れかえっている 世の中にはどんどんモノが増えてきて、今では「モノあふれ」とも呼ばれる時代です。そんな時代ですから、モノを売るのがどんどん難しくなってきています。 あらゆる市場がレッドオーシャン化してきて、新しいモノでさえもすぐ…

知的複眼思考

物事を考えるときは、目の前の事象を多数の事柄の複合体として考える。ひとつの問いを2つ以上の問いに分けて考える。 ポイント ① 目の前の問題はどのような要因の複合かを考える → 分解 ② それぞれの要因の間にはどのような関係があるのかを考える → 相互作…

「疑問」から「問い」へ

「ちょっと変だなぁ」「不思議だなぁ」という疑問は感じるもの、思うものです。しかし、「問い」は立てるものです。発した疑問から、答えを求める形にしなければいけません。たとえば、どうしたらいいんだろう?という疑問を発しているだけでは何の解決にも…

考える力をつけるための「創造的読書術」

答えがあると信じ切り、答えさえ出せばいいと思っている。 その過程の考えるプロセスが大切なのにもかかわらず。 そもそも、正解がない問いも世の中にはたくさんある。 最近では、ネットで検索すればおおかたの情報はでててくる。 概してそこで調べた答えは…

どうやって、コミュ障を直すのか。

「考える力」がない。 最近ひしひしと感じる、思考力の無さ。自分は20年間何をして生きてきたのか。思い返せば、僕は考えることをしてこなかった。 特に、コミュニケーションにおいては。いつも、よく話す人と一緒にいたから会話には困らなかった。 相手が話…